gridMathematica の機能

gridMathematica は,お使いの Mathematica ライセンスのパワーをアップさせるための統合された拡張システムです.それぞれのgridMathematica Serverは,複数のCPU上に分配された並列計算を実行するために,ネットワーク対応の追加の Mathematica 計算カーネルが少なくとも16個の共有プールを提供します.

既存の並列コードを変更する必要はありません.gridMathematica Serverを利用可能にするだけで,並列プログラムに追加のCPUパワーが自動的に使われるようになります.超並列タスクを行うときでも,ちょっとしたパワーアップが必要なときでも,必要なときにすぐに追加のパワーが利用できます.


gridMathematica は以下を提供します.

Mathematica の機能すべてのグリッド配備:最新の超高速数値計算ルーチン,画像処理,統計,金融の機能もグリッド配備できます.GPUへのリモートアクセスや,分配された並列Cコードをその場で生成しコンパイルすることもサポートしています.Mathematica でできることは,グリッド上でもできるのです.

  

高レベルの並列プログラミング言語:グリッド計算の設定を難しくする主な原因となっている通信,同期,データ転送,エラー回復のほとんどが,この高度な言語により自動化されます.データ転送の自動シリアライズにより,共通のファイルシステムを設定しなくても,構造化されたデータやプログラムをリモートマシンに送信することができます.

  

クラスタ管理システムを含むHPC標準のサポート:Altair PBS Professional,Microsoft Windows Compute Cluster Server,Microsoft HPC Server,Platform LSF,Sun Grid Engineがクラスタ管理システムとして含まれます.クラスタ管理のないシステムにはWolfram Lightweight Gridソフトウェアが含まれます.ギガビットと高速ネットワークの他,CUDAとOpen CL GPUハードウェアもサポートされています.




eneszh
このコンテンツを別の言語で: