Mathematica を選ぶ理由

それは,根底にある考え方が違いを生み出すからです.

Mathematica は25年以上にわたり,大胆な設計方針に基づいて構築されてきており,今や世界究極の計算プラットフォームとなっています.

自動化

自動化は計算が実り多い結果を出す鍵となるものです.Mathematica は他のシステムと異なり,アルゴリズムの選択からプロットのレイアウトやユーザインターフェースのデザインまで,システムのあらゆる部分にインテリジェントな自動化を適用します.このため,アルゴリズムのことを知らなくても,信頼できる質の高い結果を得ることができます.アルゴリズムを使い慣れたユーザも,この自動化によってより速く結果が得られます.

自動化
Mathematica の高度な適応メソッド,特徴検出,レイアウトとスタイルの自動化機能により,正確でしかも美しい可視化が作成できます.

計算の自動化

優れている点

他のシステム...

精度の制御と追跡

ジャストインタイムコンパイル

アルゴリズム選択

タスク指向の関数

型に依存しない関数

丸め誤差解析を必要としない信頼できる結果

高レベル言語での高度な性能»

専門家にとっても高速でよりよい結果»

高レベルで可読のプログラム»

既存コードの新しいデータへの簡単な適用»

信頼性に欠ける結果が出る(あるいは手動解析が必要)

結果が出るのが遅い(あるいは手動最適化が必要)

あまり適していない,あるいは汎用アルゴリズムの使用

アルゴリズムの詳細により難読化したプログラム

データ型に応じた別々の関数を暗記

可視化の自動化

優れている点

他のシステム...

スタイル

レイアウト

特徴検出

適応型サンプリング

インタラクティブ機能

合成

すべての段階で出版品質のグラフィックス»

非常に情報量の多いダイアグラムとテキスト»

関数の重要な特徴を正確に可視化

どのスケールでも特徴を効率的に解像»

インタラクティブなプロットやダイアグラムを即座に生成»

テキスト,画像,表,コントロールの合成

色や目盛等を手動で指定

プロット範囲,レイアウト等を手動で指定

不連続部分,分枝切断等の不正確なプロット

詳細に欠ける(あるいは無駄な関数評価)

インタラクティブ要素を手動でプログラム(あるいは使えない)

単純なグラフィックスしか作成できない(あるいは別のソフトウェアの使用が必要)

開発の自動化

優れている点

他のシステム...

自由形式の言語入力

ユーザインターフェースの構築

クロスプラットフォーム配備

メモリ管理

並列化

自由形式のテキストを正確なコマンドに変換

最小限の指定で完全なインターフェースを構築»

もともとプラットフォーム非依存であるアプリケーション

最適化された割当て,追跡,解放

設定の必要のない並列化

(該当なし)

ユーザインターフェースのすべての面を手動でプログラム

配備に制約(各プラットフォームに手動でポート)

手動の割当て,追跡

手動で並列化(初期化,通信等)

統合された一体型プラットフォーム

特化されたソフトウェアとアドオンツールボックスを使ったのでは,ソフトウェアの購入価格以上の出費となることもあり,新しいアイディアや分野をクリエイティブに研究することが難しくなります.Mathematica にアドオンは必要ありません.Mathematica には計算生物学からウェーブレット解析にいたる多数の技術分野に特化された機能が装備されており,そのすべてがシステムの残りの部分と一体化しているのです.

統合された一体型プラットフォーム
Mathematica を使うと,高価なアドオンなしでも複数の技術分野にまたがる開発が可能です.

優れている点

他のシステム...

アイディアから配備までのスムーズなワークフロー

所有する技術プラットフォームは1つでよい

学ぶのは1つの技術プラットフォームだけでよい

異なる技術分野にまたがるアイディアを探究

各段階でツールとフォーマットを変更

常に高価なアドオンツールボックスが必要

適用範囲が制限された複数の専用ツールを学ぶ

組込みの機能では創造性に制約

記号と数値のハイブリッドメソッド

残念なことに,記号計算と数値計算はこれまで別々のものだと考えられていました.Mathematica では記号計算と数値計算がシームレスに統合されており,多くの問題でユニークなハイブリッドメソッドが使えるようになっています.このため,どのような精度を組み合せても一貫した結果が確実に得られます.

記号と数値のハイブリッドメソッド
Mathematica は制御された高精度数と記号解析を使い,従来の数値メソッドや制約された精度の数では扱いにくい問題を解きます.

優れている点

他のシステム...

可能な場合は常に厳密で一般的な結果を出す

丸め誤差を自動追跡»

入力の数学的構造を利用したハイブリッドメソッドを使う»

数値的な結果しか得られず,本質が見えないことが多い

信頼性に欠ける結果が出る(あるいは丸め誤差を手動で追跡)

あまり効率的でない汎用メソッドしか使わない

マルチパラダイム言語

すべての問題に理想的な一つのプログラミングスタイルなどありません.Mathematica が従来のコンピュータ言語より優れている点は,手続き型,関数型,ルールベース,パターンベース等多数のプログラミングパラダイムを同時にサポートするところです.

マルチパラダイム言語
Mathematica を使うと,好きなスタイルでプログラムすることができます.

優れている点

他のシステム...

考える通りにプログラミング

問題に対する最適なテクニックの組合せを使う

プラットフォームに合うように考えを変える

適合性に関係なく単一のパラダイム内で操作

組込みの知識

標準データの検索やアップデートによって,ワークフローが中断されることがあってはなりません.Mathematica は注意深く精選されたあらゆる分野のデータを含んでおり,常にアップデート・拡張されているという点で,数ある技術計算プラットフォームの中でもユニークなものとなっています.

組込みの知識
オーバーヘッドなしで,世界最大の計算可能データのコレクションであるWolfram|Alphaを含む標準データにアクセス.

優れている点

他のシステム...

すぐに計算に使える組込みのデータ»

自動的に最新データに更新

標準データに即座にアクセスし,それを使用する

取得しにくい標準データを装備

データを手動でインポート,検証,再構成

データソースの更新や修正の有無を手動でチェック

データの取得のためにワークフローを中断

分析がより限られたデータのみの使用に制約される

ドキュメントベースのワークフロー

データ処理にはあるプログラムを使い,可視化には別のプログラムを,インタラクティブなプレゼンテーションにはまた別のプログラムが必要ということはあるべきではありません.Mathematica はすべてを一つのワークフローで実行し,計算,可視化,データ,ドキュメント,インタラクティブなアプリケーション等プロジェクトの要素すべてを一緒に非常に柔軟なドキュメントに保存します.

ドキュメントベースのワークフロー
Mathematica ノートブックとCDF(計算可能ドキュメント形式)ファイルで,計算,インタラクティブな可視化,データ,テキスト等がまとめられます.

優れている点

他のシステム...

プロジェクトのすべての要素を一つにまとめる
 

作業と同時進行で,自動的に文書化

ドキュメントにインタラクティブ機能を挿入»

Web,印刷,発表用に,あるいはアプリケーションとしてドキュメントを簡単に再構成

データ,数式,テキスト,コード,結果,グラフィックス,アプリケーションを別々のファイルに別々の形式で保存

中間ステップを失うため,結果の再現が困難になる

グラフィックスおよびその他の要素がインタラクティブではなく静的

新しい媒体に配備する場合,最初からやり直さなければならない

 



Select Language: enfrdeespt-brzhruko