Mathematica を使った化学反応モデル化で,大気環境をチェック

Mathematica に組み込まれた高レベルの数学的機能を信頼しています.」

アメリカでは大気浄化法の制定により,特にハイウェイの走行中に息をするのが少し楽になりました.真っ黒い排気ガスを吐きながら走る車はほとんど見かけなくなりました.フォード・モーター・カンパニーの主任研究員Matti Maricq氏は,確実に将来の車がよりクリーンに走るようにしようとしています.このために,Maricq氏は大気化学を研究し,化学反応速度のモデル化に Mathematica を使っています.

Maricq氏の研究では,大気汚染の根底にある化学に注目し,車に加えられる変化により大気汚染が実際に減るかどうかを調べます.ある種の化学モデルが作成され,数値結合の非線形方程式を解くために Mathematica が使われます.そしてその方程式により提案された反応モデルから,濃度に対する時間の曲線が計算されます.

「この研究では,Mathematica の数値微分方程式ソルバとグラフィックスが非常に有用です.また Mathematica は変数を変更するたびに繰り返しモデルをグラフ化することができるという点でも便利です」とMaricq氏は述べています.

Mathematica の強み
  • 記号計算
  • グラフィックス
  • プログラミング
  • MathLink
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください


Select Language: enes