成功の尺度:Mathematica で補聴器部品を設計

Knowles Electronics,研究開発部ディレクター,Daniel Warren

この内容を表示するためにはJavaScriptとAdobe Flash Player 10以降が必要です.JavaScriptやFlashを無効にしてブラウザをご利用の場合は,それらを有効にしてください.あるいは,無料のFlash Playerの最新版をインストールしてください.
Mathematica の強み
  • 複数のアイディアを一度にテスト・探究するためのツールを提供する
  • あらゆる大きさの問題を効率よく処理する
  • マーケティングツールとして利用できるインタラクティブなデモンストレーションが作成できる
Mathematica は大きい問題も小さい問題もこなします.私は高度な数学に Mathematica を使うのと同じように,簡単なプロット関数を実行するのにも気軽に Mathematica を使います.Mathematica は私が持っているツールの中でも日常的に使っているものです.」

概要

Mathematica はKnowles Electronics社の研究開発部ディレクターという立場にいるDaniel Warren氏にとって不可欠なものです.Knowles Electronicsは聴覚補助のためのマイクおよびスピーカを設計する,世界でも数少ない会社の中のひとつです.

Warren氏は Mathematica を使い,自社の製品が業界最先端であり続けるための新技術の開発およびテストを行っています.Warren氏のチームが設計の測定基準で行き詰っていたときも,Mathematica を使うことですぐに解決方法が見付かりました.「Mathematica のおかげで問題の個々の部分に集中できました.そして Mathematica にそれをすべて投げかけ,あらゆるものを大きな系として解かせたのです.」

Warren氏はチームで開発した技術を顧客に説明するとき,Mathematica のレポート構築機能とWolframデモンストレーションを利用します.Warren氏によると,「それが土台となり,私は私が理解していることについて話し,顧客は彼らが理解していることについて話すことができます.Mathematica ノートブックはその両者の間の橋渡しをしてくれるのです.」


詳細:
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enes