立体モデルで飛行経路決定:航行安全分析における Mathematica の役割

ボーイング社,先進航空交通管理部,Mike Ulrey

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • MathematicaManipulateコマンドを使って,即座にモデルを構築し研究を深める
  • パワフルな機能,一貫性,信頼性へのアクセスがより簡単になる,タスク指向関数
  • さまざまなオプションを使用して,2Dおよび3Dグラフィックスを簡単にカスタマイズ
「私たちに必要なのは,飛行機の航行機能と,ある特殊な状況下でのニアミスや衝突の危険性との間のトレードオフを定量化することのできるよいモデルなのです.私は Mathematica こそがこれを実行して問題を解決してくれるものだと思っています.」

チャレンジ

ボーイング社で新しい運航方法の分析を担当するチームの一員として,Mike Ulrey氏は運航の安全性を調査するための定量的モデルを構築し,監督機関に説得力のある安全性の説明ができなければなりません.

解決方法

Mathematica はUlrey氏にその両方が行えるツールと開発環境を提供しています.「飛行経路の生成とそれに関連する統計がこのような非常に小さいパッケージで統合できるなんて,驚きます.」

利点

氏は Mathematica を使って3Dモデルを作成し,パラメータの変化が飛行経路に与える影響を分析したり,さまざまな状況に対する統計を生成するシミュレーションを実行したりすることができます.Ulrey氏は次のように述べています.「Mathematica を使うと,飛行経路が安全かどうかという議論全体が確かな定量的モデルに基づいて行えるので,その方向性で進めていくかどうかを決めることができます.このモデルにより理解が深まり,結果に自信が持てるのです.」


詳細:
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください


Select Language: enes