効率的なコードでテイクオフ:Mathematica を使った飛行シミュレーション

フランス国立情報学自動制御研究所(INRIA),Yves Papegay

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • 何百ページもの飛行シミュレーションコードを効率よく変換する
  • 変換にかかる時間が,科学者チームの6ヶ月から1人で1週間にまで短縮される
  • 作業ワークフローにおける生産性が劇的に向上する
「工学や数学のソフトウェアは,他のプログラミング言語で通常作成されるような作り方で作られてはならないと思います.Mathematica はずっと奥深く,多大な可能性を秘めています.」

概要

「非常に効率的で便利であり,それでいて楽しい」というのがYves Papegay氏の Mathematica 評です.フランス国立情報学自動制御研究所における14年に渡る研究で,氏は記号計算方法を飛行のモデル化およびシミュレーションのアプリケーションに適用することに焦点を当ててきました.

Papegay氏は Mathematica を使って新しい自動コード化処理を作成し,作業ワークフローで時間のかかる障壁を取り除きました.Mathematica を使い始めるまでは,開発者のチームがコード化を終了するのに6ヶ月から8ヶ月かかっていたものが,今ではすべてを1人で行っても1週間で終了します


詳細:
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください


Select Language: enes