余波をモデル化する:ハリケーン保険研究における Mathematica の役割

ヒューストン大学ローセンター,Seth Chandler

この内容を表示するためにはJavaScriptとAdobe Flash Player 10以降が必要です.JavaScriptやFlashを無効にしてブラウザをご利用の場合は,それらを有効にしてください.あるいは,無料のFlash Playerの最新版をインストールしてください.
Mathematica の強み
  • パラメータを操作するための柔軟なインターフェースを作成することで,問題のインタラクティブな探究が可能になる
  • 情報を強力かつ動的に可視化する過程を自動化する
  • 迅速な開発およびプロトタイプ作成のための完全なプログラミング言語を提供する
「私が国会議員に災害後の公債発行に伴うリスクについて話しているとき,議員たちは私が何の根拠もなくそういう話をしているわけではないと分かっています.その内容が真の科学で裏付けられていることを知っているからです.」

概要

2008年9月にハリケーン「アイク」がテキサスを襲って以来,Seth Chandler氏はどのようにしたら保険業界がハリケーン被害に対する保険金をより適切に支払うことができるかを調べるために,Mathematica で大災害モデルやその他のデータを解析してきました.

Chandler氏は Mathematica の計算パワーと豊富な可視化ツールを使って,ハリケーンによる損失分布の調査を助けるインタラクティブなデモンストレーションをいくつか作成しました.氏は「他の言語だったら,グラフィックスの作成や微分方程式の計算,乱数分布の描画だけに数週間もかかっていたことでしょう.Mathematica はこのようなことすべてが適度な時間で実行できるシームレスな環境です」と述べています.

Chandler氏は自身のデモンストレーションを使って,国会議員やその他の政策立案者に研究内容を提示しています.氏は,インタラクティブインターフェースが即時に作成できるという Mathematica の機能により,研究結果がより簡単に分かってもらえると言っています.

Mathematica は非常に効率的で強力な可視化ツールでありながらオープンでもあります.つまり,プレゼンテーションで誰かに質問されたら,その人の新しい仮定を考慮に入れてその場でコードを修正し,モデルを再実行し,それを提示することができるのです.質問した人も Mathematica が問題を考えるのに便利なツールだということが分かります.」


詳細:

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enes