Mathematica の物理学的可視化から革新的な織物デザインを作成

Mathematica は文字通り研究と芸術の境目をなくしてしまいます.そのプログラミング言語を使うと,実装よりもコンセプトに集中できます.芸術的に使うと,小さい3インチ四方のプロトタイプの作成から実際の大規模な芸術作品の印刷までのすべての段階において,フロントエンドを利用して自分の考えを表すことができます.芸術をアルゴリズムとして作成する人にとって,Mathematica はグラフィックデザインを行うのにもってこいのツールです.」

お買い物の際にはお気をつけください!日本の有名デパートで高級なブラウスを買おうとしているときに,Mathematica に遭遇しているのにそれに気付いていないかもしれません.そのブラウスの生地が熱心な Mathematica ファンでありユーザのIgor Bakshee氏によりデザインされたものかもしれないのです.

物理学者であるBakshee氏は, 東京理科大学で統計的放射線物理学の研究をしているときに織物デザインを始めました.Bakshee氏のデザインはいわゆる1/f 揺らぎという,特定のタイプの確率論的プロセスを日常的に使用することから始まりました.物理学者から芸術家への移行は非常に速く,Bakshee氏は間もなく日本の大手繊維会社のいくつかでデザインを行うようになりました.Bakshee氏のデザインは徐々に需要が増してゆき,ブラウスからラッピングペーパー,オフィスの装飾用壁掛け,美術作品まですべてのデザインを Mathematica を使って行いました.氏のデザインは非常に人気が出てWolfram Research社員の目にも留まるようになりました.Wolfram Researchは彼のデザインが非常に気に入り,ついにBakshee氏を社員として迎え入れたのです!



Select Language: enes