Mathematica を使ってカリフォルニア漁業取締り官を配備

「私は Mathematica を使い,漁業違反の数を最小にするため各港に最適数の係官を配置するモデルを考え出しました.」

カリフォルニア沖で漁をする人は,漁獲するものに気を付けた方がいいでしょう.米国海洋漁業局(National Marine Fishery Service)のエコノミストであるWes Silverthorne氏が Mathematica を使い始めましたから….

Silverthorne氏は Mathematica を使って,カリフォルニアの港湾に漁業取締り官を最適な形で配置し,不法に捕獲される魚の数を減らそうとしています.氏はこれを制約条件付きの最小化問題とみなし,各港での水揚げ率と漁業違反の数,係官が各港に到着するまでにかかる時間を調べるために Mathematica を使いました.

「係官は5ヶ所にまばらに配置されています.しかしカリフォルニアには警邏対象の港が20港あります.私は Mathematica を使い,漁業違反の数を最小にするため各港に最適数の係官を配置するモデルを考え出しました」とSilverthorne氏は述べています.

Mathematica の強み
  • 記号計算
  • グラフィックス
  • ノートブック
  • プログラミング
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください


Select Language: enes