バーチャルコードで心に訴える:音楽プロデューサー,Mathematica で音楽作成

録音スタジオSoundtrack共同経営者,John Kiehl

この内容を表示するためにはJavaScriptとAdobe Flash Player 10以降が必要です.JavaScriptやFlashを無効にしてブラウザをご利用の場合は,それらを有効にしてください.あるいは,無料のFlash Playerの最新版をインストールしてください.
Mathematica の強み
  • 創造性と学習意欲を劇的に高める
  • 数字の組合せとパターンから即座に音楽を生み出す
  • すばやく一度に複数のアイディアを実行するワークスペースを作成する
Mathematica はアイディアを実演する最速の方法です.もしかしたらうまくいくかも知れないなと思うアイディアがあったら,他のソフトウェアパッケージよりも Mathematica を使った方がずっと速く作業ができます.」

概要

John Kiehl氏は以前から数学と音楽の間にある強い関係に気付いていました. 「数字,順列,組合せのコマンドをどんどん学んでいくにつれて,音楽家としての私の語彙もどんどん増えました.Mathematica が芸術家として私を成長させてくれたのだということに今気付きました」とKiehl氏は言います.

Mathematica の強力な集合論とパターンマッチ機能を使って,Kiehl氏は数分のうちに音楽的なアイディアを聴いてみることのできる音に変換することができます.この Mathematica の機能によって氏の音楽技能は拡張されています.新しい音楽プロジェクトに携わるたびにKiehl氏は,自分の音楽の作成を強化してくれる新たなツールを Mathematica の中に発見しています.Kiehl氏によると, Mathematica は氏がやることすべてに利用できます.


詳細:

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enes