数学の流れを変える:大学の授業における Mathematica

ランドルフメーコンカレッジ,数学科長,Bruce Torrence

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • 簡単に構築できる動的モデルや既存のデモンストレーションを使って,授業を即座にインタラクティブにする
  • パレットやグラフィカルユーザインターフェースを使って,パワフルな機能にポイントアンドクリックでアクセスできる
  • 興味をそそる例題,教材,インタラクティブドキュメントを含む,すぐに利用できる教材やリソースに無料でアクセスできる
「教師にとって,少なくとも私にとって,何よりの喜びは,学生が『ああ,分かった!』と言うのを見ることです.Mathematica はこれに大いに役立っています.」

概要

ランドルフメーコンカレッジの数学科教授で学科長でもあるBruce Torrence氏は,学生が数学的な考えを理解し探求するのに役立つ Mathematica のことを「大学の授業の流れを変えるもの」と評しています.「Manipulateという1つのコマンドで,スライダーやボタンの付いたインタラクティブなインターフェースを構築したり,リアルタイムでオブジェクトを動かしたり,これらのスライダーで数学的空間を探求したりすることができます.Mathematica はまるで,他の方法では見ることができない世界を見る望遠鏡のようです.」

Mathematica を使うと,代数・微積分から幾何学・生物数学までカバーする,説得力のある教育的なコンテンツが簡単に作成できます.Mathematica で授業が活発になるということについて,Torrence氏は次のように述べています.「デモンストレーションやその他のインタラクティブなグラフィックスを使うことで,学生はパラメータを変更し,その結果どうなるかを見ることができます.このことにより,学生は自分が概念を本当に理解しているということが分かり,満足感が得られるのです.」


詳細:


Select Language: enes