明確なソリューション: Mathematica を使って光学システムを最適化する

Optica Software,開発リーダー兼光学科学者チーフ,Donald Barnhart

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • リアルタイムモデルを生成し,シミュレーションを行い,分析する
  • 設計を最適化することで,費用と研究時間を劇的に削減する
  • 複雑な光学系のための強力な試験の場を提供する
Mathematica を使うとリアルタイムモデルを構築して分析できるので,非常に便利です.私はアイディアを構成し,そのアイディアを示し,アイディアを追跡し続けるのに Mathematica を使うのが好きです.」

概要

Donald Barnhart氏はもともと光学分野における自分の研究用に,Mathematica を使って光学設計・解析ソフトウェアを開発しました.現在では,世界中の科学者が光ファイバー,レーザ,望遠鏡の分野で氏の Mathematica ベースの Optica ソフトウェアを使っています.

氏にとって Mathematica を使用する最大の利点は,通常は実験室での経験からしか得られない知見が,コンピュータ上で得られるということです.Barnhart氏は,「何か最先端のものを行おうとしているけれど,それが最終的にどのような結果になるかの予測がつかない,でも実際に費用,時間,労力を投資し始める前にできるだけそれについて多くの情報を集めておきたい,という場合に Mathematica は非常に便利です」と語っています.

Barnhart氏は MathematicaOptica を使って,写真や芸術を鑑賞する方法を変える全く新しいフォトアルバムであるSlideOScope等の,新しい光学ツールを考案し作成しています.氏は「私が設計したものが,実際の場面で作成され使用されているのを目にするのは大変嬉しいことです」と語っています.


詳細:
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください


Select Language: enes