セルンの物理学者,Mathematica で光学プログラムを開発

Mathematica の際立った特徴はそのプログラミング言語です.リスト処理,関数型プログラミング,オブジェクト指向は,記号的かどうかにかかわらず,どの応用分野にも便利なものです.加速器制御では記号的な側面は限られていますが,MathematicaMathLink を使うと,アルゴリズムをデータベースやグラフィックインターフェースのCプログラムに効率よくスムーズに接続することができます.」

スイス,ジェノバの地下100メートルの場所に,亜原子粒子を研究するために使われる円周27キロメートルの粒子加速器があります.かなりのエネルギーでの衝突を引き起すことにより,ビッグバンのときにだけ発生したとされている粒子を生成することができるのです.

実験を成功させるためには,相対論的ビームの正確な制御と焦点調節が必要です.セルンの物理学者であるBruno Autin氏は,Mathematica を使ってこの繊細で複雑なタスクを実行する光学プログラムを作成しました.

「光学計算では,行列を多量に操作し高次の代数方程式を解かなければなりません.Mathematica の記号代数機能は,光モジュールの計算に理想的なツールです」とAutin氏は語っています.

Mathematica の強み
  • 記号計算—方程式を解き,一般的な構造を見付ける
  • グラフィックス—解の可視化
  • プログラミング—リストと行列の効率的な操作
  • MathLink—データベースやカスタムインターフェースに接続
共有する 電子メール 埋め込む

関連体験談

体験談をお寄せください


Select Language: enes