計量分析の強み:Mathematica でパワフルなWeb解析

Wolfram Research, Inc., 企業分析チーム主任,David Howell

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • データの解析および可視化に,一つの環境とプログラミング言語を提供
  • すぐに構築し配備できるインタラクティブな解析ツールを装備
  • データベース管理システムと簡単に統合できる組込みの高レベル機能を搭載
「もし単なる統計パッケージを使っていたら,Mathematica に備わっているようなグラフ理論関数や素晴らしいグラフプロット関数はなかったでしょうね.もし優れた時系列プロットだけにこだわるようなソフトを使っていたら,Mathematica に備わっているような統計ツールもなかったでしょう.でも Mathematica だと,1つのツールにすべてが揃っているんです.」

概要

Wolfram Researchの企業分析チームは,Import関数や DatabaseLink 等の Mathematica の数多い標準機能を基盤として,パワフルな計算可能データ関数を社内用に開発しました.これにより,すばやく統計を計算したり結果を高度に可視化したりして,WolframのWebトラフィックや他の企業データを解析することができます.

Wolframの企業分析チーム主任であるDavid Howellは,ビジターがWolframのWebサイトをどのように利用しているかを調べるのに,Mathematica の柔軟性と統合性が非常に役に立っていると言っています.「データを計算し可視化すると,その提示方法について少し違うことを考えるんです.私たちは Mathematica という1つの中央化され統合された環境で仕事をしているので,直接コードにアクセスしてそれを変更し,直ちにその新しい機能を使うことができます.ツールを取り替えなければならないという精神的な負担もありません.」

その結果企業分析チームは,社のWebトラフィックの流れの調査と理解のために社内の誰もが使える,洞察的でカスタム化可能なレポートを効率的に作成することができるようになりました.

Mathematica はデータ解析のためのパワフルな言語ですが,その計算パワーに加え,同僚がWolframサイトのWebトラフィックの概要を知るために使うことのできる,インタラクティブなドキュメントを作成する機能も兼ね備えています.おかげで問題を解決することや,サイトのビジターが目的を果たすことができるようにすることに専念できます.」


詳細:


Select Language: enes