新しい品質管理:Mathematica で実際の性能を測定

Quest Diagnostics社,研究員,George Woodrow III

この内容を表示するためにはJavaScriptとAdobe Flash Player 10以降が必要です.JavaScriptやFlashを無効にしてブラウザをご利用の場合は,それらを有効にしてください.あるいは,無料のFlash Playerの最新版をインストールしてください.
Mathematica の強み
  • 効率的なアルゴリズム開発のための環境を提供する
  • 迅速なプロトタイプ作成を可能にする完全で近代的な記号プログラミング言語を装備している
  • データやコンセプトのインタラクティブな操作が可能
「誤った結果をクライアントに返してしまうというエラー率が,4桁も減少しました.私の検査室では以前は一日に10〜15個のエラーがあったのに,今では年間で2個か3個になっています.これは大きな利点です.」

チャレンジ

Quest Diagnostics社の研究員であるGeorge Woodrow氏は,臨床検査室で使用される従来の品質管理方法を新しいものにするために,リアルタイムのプロセス制御システムを開発する必要がありました.

解決方法

氏は効率的なアルゴリズムを開発してシステムの実際の性能を詳しく調べるためだけでなく,そのアルゴリズムがどのように動作するかを簡単に同僚に説明するためにも Mathematica を使っています.Woodrow氏は「Mathematica のおかげで,私の同僚は,詳細をすべて理解しなくても何が起きているかが理解できるのです.これは飛躍的な進歩と言えるでしょう」と述べています.

利点

Woodrow氏は,Mathematica が検査室におけるエラー率を大きく減少させる鍵となっていると言っています.「誤った結果をクライアントに返してしまうというエラー率が,4桁も減少しました.私の検査室では以前は一日に10〜15個のエラーがあったのに,今では年間で2個か3個になっています.これは大きな利点です.」


詳細:


Select Language: enes