インフルエンザとの闘いをモデル化する:Mathematica で投薬戦略を研究

パデュー大学,Zhilan Feng

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

Mathematica の強み
  • 認知的にも見た目にも説得力のある方法でデータの提示を作成するプロセスを自動化するパワフルな関数を提供する
  • リアルタイムのデータを直接計算にインポートして即時に解析する
  • 計算,モデリング,可視化,開発のための何千もの組込み関数を含む
Mathematica は,そのインタラクティブな可視化機能を使って結果を提示することで数学者でない共同研究者たちともコミュニケーションが取れるという点で,非常にユニークです.研究がより効率よくなり,実際のシステムにより役立つものになります.」

概要

パデュー大学数学教授のZhilan Feng氏は,米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention,CDC)と協力してインフルエンザの薬物治療法研究のための数学モデルを開発しています.これは,新型インフルエンザ(H1N1)の世界的な大発生を受けてますます重要なものとなっています.

Mathematica は非常に複雑な数式が扱える計算パワーに加えて,政策担当者が自らの決定の結果を調査するために使うことのできる,ユーザフレンドリーな可視化をインタラクティブに作成できる機能も提供しているため,Feng氏の研究に理想的なツールだと氏は述べています.「Manipulateを使うと,パラメータ値の変化とそれに付随する変化を動的に見ることができます.そのおかげで研究が非常に効率よくでき,時間の節約にもなります.政策担当者は,自分たちの決定とその結果との関係を簡単に見ることができるので,管理戦略を調整することができます.」

Feng氏は Mathematica の使用におけるもう一つの重要な利点としてImport関数を挙げています.これにより氏のチームは利用できる最新のインフルエンザおよびH1N1データをすぐに研究に取り入れることができるのです.「今回の発生についてのデータがもっと集まり次第,すぐにそれをインポートし,再計算してよりよい結果を得ることができます.これで予測をより正確なものにし,よりよい管理政策を設計することができます.」


詳細:


Select Language: enes