パズルのピースを組み合せる:Mathematica で生命体の太陽電池を解明する

生物物理学者,Melih Sener

This content requires JavaScript and Adobe Flash Player 10 or higher. If you are using a browser with JavaScript or Flash disabled, please enable them now. Otherwise, please install the latest version of the free Flash Player.
Mathematica の強み
  • 開発および問題の分析のための計算フレームワークを提供する
  • 何百ものデータ形式が簡単に管理・操作できる
  • タンパク質の構造情報を詳細な3Dグラフィックスに素早く変換する
Mathematica は,バイオサイエンスの研究に不可欠なパズル解きツールです.バイオサイエンス分野の研究はますます定量的になっていますからね.」

概要

生物物理学者のMelih Sener氏は Mathematica を使って氏が呼ぶところの分子ジグソーパズルを完成させ,これまでにコンピュータで組み立てられた集光器の中でも世界最大のもののひとつを作成しました.

Mathematica は構築ツールであったとSener氏は言います.Mathematica を使うことで何百人もの科学者による30年に及ぶ研究結果を1つのフレームワークに集約し,パズルを組み立ててその構造と機能を分析することができたからです.

「私が Mathematica をずっと使ってきて,今もまだ使い続けているのは,Mathematica が非常に直感的で,シームレスな開発環境だからです.Mathematica を使うと,ひとつのアイディアを,迅速で簡単に数値解が得られるような計算フレームワークへと発展させることができます.」


詳細:


Select Language: enes