没入型の環境:Mathematicaで実社会の問題を教える

西オーストラリア大学,物理学部,Paul Abbott

Video Database Error (1) : Could not connect to database. {Unable to connect to database!}
Mathematicaの強み
  • インタラクティブで興味深い教材,プレゼンテーション,試験が簡単に作成できる完全な環境が利用できる
  • 実社会の問題を可視化し,授業で習った概念の理解を助ける動的モデルが自動的にすぐに作成できる
  • 何百ものトピックについての,増加し続けているWolfram|Alphaの計算可能な最新データにアクセスできる
「大学でもっと実社会の問題を取り扱うべきだと言われることが最近ますます増えていますが,大学は適切なツールを持っていないので,その要求に応えることができていないのだと私は思います.... Mathematicaこそがそのツールであり,学生はずっと迅速に現実的な研究を行うことができます.それが変化に繋がります.」

チャレンジ

西オーストラリア大学物理学部のPaul Abbott先生は,物理や数学の授業の中だけでなく,学業のあらゆる面や卒業後の仕事で生じる実社会の問題に挑むのに使えるツールを教えたいと思っています.

解決方法

Abbott先生と学生が問題に取り組めるよう,Mathematicaは没頭でき興味をそそる環境を提供します.結果の計算や可視化から文書化と発表までのすべてが可能です.Abbott先生は授業で使うスライドショー,宿題,試験等,教材すべてをMathematicaで作成しています.学生はMathematicaを使って曲面を可視化したり,インタラクティブな例題を使って概念を調べたり,結果を仮定したり,研究内容をチェックしたりしています.Abbott先生は次のように述べています.「学生が『ああ,なるほど,そういうことだったのか』と言う瞬間を見るのが好きです.学生はMathematicaの助けを借りてもっと深く概念を理解します.Mathematicaは学生に自信を与えてくれるのです.学生が『できる』と思うこと,これこそが教師としてうれしいことです.」

利点

Abbott先生は,Mathematicaの自由形式の言語入力機能と,充実したドキュメントセンターにより,先生も学生もMathematicaを簡単に始めることができ,基本的な計算や可視化から実社会の問題や研究へとすぐに移行していけると語っています.


詳細:


enes