次の自然な段階:Mathematica を使って日常生活に潜む数学を再発見する

Wolframデモンストレーション寄稿者,Sándor Kabai

この内容を表示するためにはJavaScriptとAdobe Flash Player 10以降が必要です.JavaScriptやFlashを無効にしてブラウザをご利用の場合は,それらを有効にしてください.あるいは,無料のFlash Playerの最新版をインストールしてください.
Mathematica の強み
  • 精密な計算を即座に提供する
  • インタラクティブなグラフィックスで学習体験を高める
  • 実験と創造性を奨励する
「幾何学研究に Mathematica を使う利点は,結果がすぐに見られること,そして,再度アイディアに立ち戻ってそれが実行可能かどうかを証明しなくてもよいことです.Mathematica は一瞬のうちに,美しいグラフィックスで,それが実現可能である事を示してくれます.」

概要

Sándor Kabai氏は日常生活をユニークな視点から見ています.「私はどこへ行ってもデモンストレーションにできるものはないかと探しています.街灯を見ても,それをデモンストレーションにする方法を考えてしまいます」とKabai氏は語っています.

Mathematica を使ってデモンストレーションを作ることで,氏は自身のエンジニアとしての経歴とコンピュータグラフィックスの作成および教育の振興に注ぐ情熱を結び付けています.Kabai氏は Mathematica を使う利点は「その精密さ,表現されようとしているオブジェクトの厳密な位置とインタラクティブに作り出される動きが分かる点です」と語っています.

自身のデモンストレーションがWolframデモンストレーションプロジェクトの一部として世界中の数学および科学の教育ツールとして使用されることを,氏は特に喜んでいます.「これは世界に非常に大きなインパクトを与えるでしょう.Mathematica のデモンストレーションプロジェクトが持つ可能性にそれほど馴染んでいない人でさえも,これが教育に革命をもたらすであろうと夢中になっています」と氏は語っています.


詳細:


Select Language: enes