動作環境

クロスプラットフォームの計算パワー

Mathematica は最新のオペレーティングシステムおよびハードウェアに最適化されているので,お好きなシステムがお使いになれます.

ハードウェアの仕様
  • プロセッサ: Intel Pentium IV 2.4 gHzあるいはこれと同等のもの
  • 空きディスク容量: 7.5GB
  • システムメモリ (RAM): 2GB+(推奨)
  • インターネットアクセス: 自由形式の言語入力および計算可能データ機能を使用する場合に必要です.
OpenCL, NVIDIA CUDA

Mathematica に組み込まれたGPUの計算機能を使うためには,NVIDIA,AMD等で製造されているカードのように,OpenCLやCUDAをサポートするdual-precisionのグラフィックスカードが必要です.

Mathematica 9は次のプラットフォームでお使いになれます

  Microsoft Windows       Apple Mac       Linux

Microsoft Windows

32ビット

64ビット

Windows 8.1
現在32ビットシステムはサポートされていません.
Windows 8
Windows 7
Windows Vista
Windows XP*
Windows Server 2012
Windows Server 2012は64ビットシステムのみをサポートします.
Windows HPC Server 2008
Windows HPC Server 2008は64ビットシステムのみをサポートします.
Windows Server 2008

*Windows XPにはService Pack 3以降が必要です

Apple Mac

64ビット

Mac OS X 10.9 Intel
Mac OS X 10.8 Intel
Mac OS X 10.7 Intel
Mac OS X 10.6 Intel

Mac OS X 10.6以降のIntelシステムをお使いの方は,Mathematica の最新版を実行するためにJava SE 6が必要です.Mathematica 9は64ビットのIntel Macでのみご利用になれます.

Mathematica はMac OS X 10.5 PPCでもご利用になれます.詳細はこちらまでお問い合せください»

Linux

32ビット

64ビット

Ubuntu 7-12
RHEL 5, 6
CentOS 5, 6
Debian 5, 6
openSUSE 11, 12
Fedora 9-17

Mathematica 9は上記のLinux製品で完全にテストされています.新しいLinux製品では,追加の互換性ライブラリをインストールする必要がある場合があります.Linuxカーネル2.6以降に基づくその他の製品ではほとんどの場合 Mathematica は問題なく動作します.

Mathematica はX Window Systemフロントエンドをサポートしており,バージョン7以来,主要なLinuxデスクトップ環境KDEで使われるのと同じQtアプリケーションフレームワークをユーザインターフェースとして使っています.エンタープライズおよび人気の高いオープンソースのLinux製品の両方で通常のテストが行われています.

注意:
新しいコンピュータへの Mathematica の移行についてのご質問は,カスタマーサービスまでご連絡ください »
Mathematica 9の新しいCコンパイル機能をお使いになるためには,Cコンパイラがなければなりません.
Mathematica 8の動作環境については,Wolfram製品の動作環境ページをご覧ください.

設定についてのご質問はこちらまでご連絡ください »

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhruko