グラフィックスと可視化

拡張された図解と描画のツール

Mathematica 8における拡張されたインタラクティブな描画環境により,アイディアを図解したりグラフィックスに注釈を付けたりすることが効率よく実行できる.描画ツールパレットやその他の機能が改良され,動的なアラインメント補助線,向上した色選択機能,より充実したインタラクティブ機能等が加わっている.

  • 塗潰し,ストローク,矢,テキスト,点,長方形の外観を調整するためのインタラクティブなコントロール
  • 正確な描画,リサイズ,位置調整のための動的なアラインメント補助線
  • オブジェクトを整列させたり配置したりするための完全な操作
  • オブジェクト間で外観をコピーするためのスタイルの抽出ツール
  • 正確な色見本とカラーウェルを含む,向上した色選択機能
  • 2Dグラフィックスオブジェクトのインタラクティブな回転
  • Alt+ドラッグを使ってオブジェクトをインタラクティブにコピー
正確な配置のための補助線 »グラフィックスの外観をインタラクティブに調整する »手作業でグラフィックスを描画し,スタイルを付ける »
向上した色選択機能 »グラフィカルな出力に注釈を加える »さまざまなソースからグラフィックスを合成する »
グラフィックスオブジェクトを整列させ配置する »2Dグラフィックスオブジェクトをインタラクティブに回転させる »

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhruko