グラフィックスと可視化

金融の可視化

Mathematica 8には最新の金融チャート関数と広範に渡るテクニカル指標が含まれている.

  • 価格と時間,変化と時間,価格と指標等,目的に応じて多数の方法で金融データを可視化する »
  • 金融データの組込みリソースを使う »
  • 多様な組込みのコレクションや明示的なスタイルを使って,上昇トレンドと下落トレンドのスタイルを指定する
  • 日付イベントに基づいてチャートにラベルを付ける »
  • カギ足,練行足,ポイント・アンド・フィギュア,新値三本足等従来の金融チャートを現代風にして提供する »
  • StyleSpeakButtonPopupWindowAnnotation等,データのラッパーの完全なサポート »
  • チャートエレメントスキームパレットに金融チャート用のChartElementFunctionオプションが新しく含まれた
  • SMA,EMA,MACD,RSI,ボリンジャーバンド等を含むテクニカル指標の大規模なコレクションを使ってチャートを補強する »
  • データパクレットと外部ソースにより提供される全時系列データを使う
  • テクニカル指標をインタラクティブに使って株価を分析する »
  • テクニカル指標すべてのパラメータをカスタマイズする »
ローソク足を使って価格を見る »OHLCマーカーを使って価格を見る »組込みの金融データを使う »
さまざまなカラースキームを使ってトレンドを強調する »色を使ってトレンドの方向と強度を表示する »チャートエレメントの外観をカスタマイズする »
外観のエレメントをインタラクティブに選択する »カギ足 »練行足 »
新値足 »ポイント・アンド・フィギュア・チャート »過去の出来事を日付によりラベル付けする »
ラベルの位置合せにPlacedを使う »出来事の注釈にラッパーを使う »データラッパーでチャートに注釈を付ける »
財務指標で取引チャートを作成する »多数の組込み財務指標から選ぶ »取引チャートに無限に指標を加える »
価格と指標をインタラクティブに調べる »高度にカスタマイズされたチャートの作成 »金融以外のデータを含むチャートの作成 »
チャートを組み合せて新しいプレゼンテーションを作成する »統計の可視化機能を使って金融データを分析する »さまざまな可視化を使ってユニークなチャートを作成する »

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhruko