コアとなるアルゴリズム

群論アルゴリズム

Mathematica 8には,置換および置換群を操作するための新しい関数やアルゴリズムが加わっている.これにより,Mathematica の歴史で初めて,置換集合の乗算で効率的に構築できる多様な群が系統的に利用できるようになった.

  • 互いに素な巡回表記の置換のサポート
  • 置換集合により生成される群のサポート.群および散在群の無限族に対するあらかじめ保存された生成器
  • 乗算表あるいはCayley(ケーリー)グラフとしての群の可視化
  • 軌道,固定部分群,中心化群,剰余類の代表元等の計算
群の乗積表の計算 »群のCayley(ケーリー)グラフ表現 »群の置換を増加することにより動かされた点 »
乱数生成での群の位数 »置換群の元の共役類を計算する »3x3x3のルービック群の固定部分群鎖 »

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enespt-brzhruko