Mathematica 9の新機能

3D立体画像処理

Mathematica は画素操作,局所的フィルタリング,形態論等を含む画像処理機能を3Dデータにまで拡張している.3D曲面描画に加え,高速でインタラクティブな立体描画も利用できる.立体と3Dベクトルグラフィックスをシームレスに統合される.

  • 組込みの3D立体描画エンジン »
  • インタラクティブな立体描画をハードウェアに最適化して実装
  • インタラクティブな伝達関数モデリング
  • 3Dの標準画像処理アルゴリズムを効率的に実装 »
  • マルチチャンネル立体データのサポート
  • さまざまな画像処理関数におけるImage3Dオブジェクトのサポート
  • 一般的な3Dのトリミング,充填,リサイズ等 »
  • 画像調整,ヒストグラム平坦化等の画素操作
  • 空間処理および周波数領域処理に対する一般的な線形・非線形フィルタ
  • 強度閾値とヒステリシス閾値,領域成長,アクティブな輪郭分割 »
  • 基本的な形態論的操作 »
  • 3D画像にウェーブレットを適用する »
  • 立体のアウトオブコア処理 »
  • 立体とベクトルグラフィックスの統合
  • Mathematica のプログラム可能な動的インターフェースと完全に統合 »

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enru