Mathematica 9の新機能

大きい画像のサポートを備えた高度な画像処理

Mathematica 9には,高度に最適化されたアルゴリズムを使って二次元および三次元の画像を解析し処理するための機能が数多く加わっている.インタラクティブな画像アシスタント,サジェスチョンバーをはじめとする多くのユーザ補助機能により,画像分類,特徴検出,修復を含む画像処理の実際の適用が,これまでになく素早く簡単になった.

  • 組み込まれた3D立体の効率的な表現 »
  • 多数の標準的な画像処理アルゴリズムの3D実装 »
  • 大きい画像と3D立体のアウトオブコア処理 »
  • CIEカラープロファイルを使った,色の包括的なサポート »
  • EXIFデータを含む,画像のメタデータの保存をサポート »
  • 画像のシーケンスにおける特徴点を追跡 »
  • 顔検出を含む高度な画像処理アルゴリズム »
  • 均一化とヒストグラムマッチングのためのヒストグラム変換
  • 画像比較,分類,整列に使うさまざまな画像距離 »
  • 画像アシスタントとサジェスチョンバーによって提供される便利なユーザサポート »
  • スピードアップのために,IPPライブラリが多数の画像処理関数に統合された

分野別ソリューション

科学,工学,バイオテクノロジー,金融,芸術,教育,その他....
ご専門分野のソリューションを見付けてください»

クイックツアー

産業,研究,教育に携わるユーザに Mathematica が提供できることをご覧ください
ビデオを見る»

Wolfram Training

使い始め方のコースや詳細を扱うコースで学べます.
注目のトレーニング»

Mathematica を使う

 

動作環境»
お問合せは こちらまで»



Select Language: enru