Mathematica 9の新機能

組み込まれたRとの統合

Mathematica 9はR言語のコードを Mathematica ワークフローに統合する方法を組込みで提供し,Mathematica の広範な機能と統計計算言語を結合する.RLinkJ/Link とrJava/JRI Javaライブラリを使い,Mathematica とR言語との間でのデータ交換および Mathematica 内からのRコードの実行を可能にする.RLink によって,R言語のユーザは Mathematica システム全体から何千もの関数を使うことができる.

  • Mathematica 内からR言語の機能すべてに完全アクセス »
  • どのプラットフォームにもRランタイムを自動的にダウンロード.Windowsでは自分のRを使うことも可能
  • 通常通りの Mathematica のデータ表現を使って,Mathematica とRの間でデータ交換.コアとなるRのデータ型のほとんどをサポート »
  • Mathematica 内からRワークスペースの関数を生成 »
  • Mathematica ユーザにとって自然な方法で,Mathematica 内から組込みあるいはユーザ定義のR関数を適用
  • クロージャや高階の関数を含む全種類のR関数をサポートして,組込みおよびユーザ定義のR関数を Mathematica データにシームレスに適用
  • 特化された使用にはユーザ定義の型を使用し,必要に応じてコアとなる RLink のデータ型を拡張
  • Mathematica の即時インタラクティブ機能と自動のインターフェース構築によって,データを解析し,閲覧するためのインタラクティブアプリケーションを開発 »
  • Rで解析した後,Mathematica の可視化エンジンを動力とする静的および動的な高品質の表現で結果を表示 »


Select Language: enru