Mathematica 9 is now available
Wolfram Mathematica More about Mathematica »
prevnext.gif
 |  | 

離散微積分

Mathematica が1988に最初にリリースされたとき,Mathematica の最大の功績の一つは従来の微積分を自動化したことであった.アルゴリズム的開発の大きな功績として,Mathematica 7は今回システム的な自動化を離散微積分にもたらした.さまざまな分野における100年以上に渡る異種の結果に注目して,Wolfram Researchにおける長期の研究開発は,今回初めて離散微積分の一貫したアルゴリズム的取扱いを可能にするような革新をもたらしたのである.この成果により,金融,保険数理,統計,組合せ論,アルゴリズム解析,情報理論,数値分析,統計物理学,制御論,信号処理等の分野における離散問題に対する新しく効率的な取扱いを即座に可能にした.
 
 
 



 


Select Language: en