Wolfram Mathematica More about Mathematica »
prevnext.gif
 |  | 

動的な天文計算

Mathematica 7では,天文物体の位置をリアルタイムで動的に計算することを追加したり,太陽系外惑星や何万個もの小惑星と彗星を含めた新しいクラスの物体を追加したりすることによって,Mathematica の天文データの機能が大幅に強化されている.
  • 観測者の緯度と経度から計算された,空にある物体の位置 »
  • 過去と将来から動的に計算された太陽と月の位置
  • 軌道データから動的に計算された大惑星と小惑星の位置
  • 昇る時刻,沈む時刻等の自動計算
  • 太陽系物体について動的に計算された視等級
  • 推定温度,質量,光度,および半径を標準の星すべてについて追加
  • 利用できる軌道および物理データのすべてと一緒に50,000個を超える惑星を追加
  • 利用できる軌道情報の中で最適なものと一緒にほぼ2500個にのぼる彗星を追加
  • 立証済みの特性と一緒に200個を超える太陽系外惑星を追加
  • 局部星雲群の中で確認された星雲群をすべて追加
  • 組込みの Mathematica geoIP サービスから緯度,経度を自動的に使用可
  • すべての天文計算は,Mathematica の分析および可視化の機能に完全に統合されている.
 
 
 



 


Select Language: en