研究での使用例

Mathematica は最新アルゴリズム,モデリングとシミュレーションのためのパワフルな計算能力,自己チェックによる高精度演算,大規模データを扱う高性能計算機能,世界で最も正確な記号および数値計算エンジンを備えているため,学術研究に理想的なソフトウェアとなっています.

1つの簡単なステップでデータをインポート
画像を直接 Mathematica にドラッグアンドドロップして処理することができます.

1つの簡単なステップでデータをインポート

主な機能:
  • ファイル,URL,データベースのどの組合せからでもデータにアクセスする
  • パターンマッチと置換規則を使って,データ要素を分類し抽出する
  • たった1つの自動化されたステップでデータを Mathematica にインポートする
参考関数:
インポートとエキスポート»
数値データ»
データベースの接続性»
計算可能なデータ»
バイナリデータ»
正確で信頼性の高い結果でデータを解析
Parallelizeコマンドは,可能な場合,計算を自動的に並列化します.

正確で信頼性の高い結果でデータを解析

主な機能:
  • データを解析用に整え,構造化し,前処理する
  • 記述統計操作と確率分布を使って,ほとんどどのような大きさのデータでも変換し,平坦化し,解析する
  • 一般的なモデルや新しく開発された理論的モデルにデータをフィットする
  • 計算に適用するアルゴリズムを手動で選んだり,与えられたタスクに最適のアルゴリズムを自動的に適用させたりする
  • 画像データおよび信号データを前処理・後処理する
  • 連続・離散だけでなく,線形・非線形,制約条件付き・制約条件なし,局所的・大域的の最適化問題を解く
  • プログラムでデータを解析するために,関数型,手続き型,パターンマッチ,オブジェクト指向型,その他のプログラミングパラダイムから選ぶ
  • 起り得る問題を検出し訂正するために,精度を制御し追跡する
  • 必要に応じて近似値や特定の数値を代入するだけで,直接正確なモデルを使用する
  • 前処理の必要なく,すぐに使用できるデータ集合を解析に利用する
参考関数:
数学とアルゴリズム»
リスト操作»
文字列操作»
方程式の操作»
変数と関数の定義»
数値的評価と精度»
最適化»
行列と線形代数»
データの配列の操作»
統計的データ解析»
信号処理»
画像の処理と解析»
数値データ»
数学データ»
科学・技術データ»
地理データ»
金融・経済データ»
言語学データ»
データおよび解析結果を可視化する
Mathematica は計算効率と外観の美しさのバランスを自動的に最適化します.

データおよび解析結果を可視化する

主な機能:
  • 任意の大きな構造化データおよび非構造化データを静的にも動的にも高質に表す
  • 大規模データ,複雑なデータ,不規則に抽出されたデータのどれでも可視化する
  • ヒストグラムとチャート,散布図と折れ線グラフ,等高線プロットと密度プロット,流線とベクトル場,グラフとネットワーク図のどれでも2Dと3Dで作成する
  • 3D画像をリアルタイムで回転させたりズームしたりして,関心領域をよりよく調べる
  • グラフィックスの照明,透明度,表面特性をカスタマイズし,より美しく理解しやすくする
参考関数:
可視化とグラフィックス»
データの可視化»
グラフ化と情報の可視化»
関数の可視化»
グラフィックスのインポートとエキスポート»
シミュレーションを作成して仮説を検定する
Mathematica に組み込まれている並列計算機能は,モンテカルロシミュレーションを実行するのに適しています.

シミュレーションを作成して仮説を検定する

主な機能:
  • どのような計算,グラフィックス,処理でも,わずか1行の入力で即座に動的にする
  • リアルタイムのパラメータコントロールを簡単に作成し,自分のデータや常に更新されているWolfram Researchのデータ集合とインタラクトする
  • パラメータや視点をインタラクティブに変更して,3Dグラフィックスを操作する
  • モデルを配備可能なシミュレーションにすぐに変換する
参考関数:
インタラクティブな操作»
動的な可視化»
可視化とグラフィックス»
記号的なグラフィックス言語»
計算幾何学»
結果の報告と文書化
LaTeX,PDF,HTMLを含む何百もの形式で,作業内容を保存することができます.

結果の報告と文書化

主な機能:
  • 仕事を進めながら文書化する
  • モデル,前提,実験データ,結果,コメントを一つの構造化されたインタラクティブなドキュメントにまとめる
  • ドキュメントにタイトル,セクション,リスト等の書式を付ける
  • クロスプラットフォームの Mathematica ノートブック,PDF,Excelスプレッドシート等のさまざまな形式で,完全な結果を他の人に送る
  • 出版するためにドキュメントをTeXやLaTeXとしてエキスポートする
  • 結果の提示にも引き続き Mathematica を使う
  • Mathematica Player または Player Pro を使って,Mathematica ユーザ以外の人にも研究結果を知らせる
参考関数:
ノートブックの基本»
ノートブックのフォーマットとスタイル»
ノートブックとインターフェースのカスタマイズ»
ノートブックにおけるインポートとエキスポート»
ドキュメントの生成»

クイックツアー

さまざまな分野の研究者や教育者に Mathematica が提供できることをご覧ください.
ビデオを見る»

Wolfram Training

オンデマンドおよびライブのコースで,Wolframのインストラクターや開発者から学ぶことができます.
すべてのコースを見る»

デモンストレーションプロジェクト

さらに増え続けるインタラクティブな可視化コレクションで,概念を生き生きと表現します.
詳細»

Mathematica を使う

 

動作環境»
ご質問・お問い合せ ご連絡»



Select Language: enespt-brzhru