工学のための産業ソリューション

電気工学

高度な画像と信号の処理の実行,アルゴリズムの分析と設計,インタラクティブシステムのシミュレーションといった作業がすべて,単一のシステムの中で統合されたワークフローで行えます.
Mathematica の電気工学ソリューションの基礎にあるのは,強力な離散・連続時間フーリエ変換,非常に強力なブール計算,高性能の密および疎な線形代数アルゴリズムであり,そのすべてが強力な記号・数値計算の信頼性と組み合されています.
組込み関数を使って,離散時間フーリエ変換を計算する
色で位相を示した,DTFTシーケンスのスペクトル
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • 電力供給システムをモデル化する
  • フィルタ回路を設計,分析する
  • フーリエ変換を含む連続時間の周波数領域分析手法を使って,通信システムを分析する
  • Z変換と離散時間フーリエ変換(DTFT)を含む,離散時間の周波数領域分析手法を使ったデジタルフィルタアプリケーション
  • アンテナ放射パターンを分析する
  • 高度な信号・画像処理のアプリケーション
  • 次へ:
    主な機能

ビデオ

Wolframテクノロジーが業種を超えて提供できることをご覧ください.
チャンネルをブラウズ»

専門家によるトレーニング

専門家チームから直接Wolframテクノロジーが学べます.
すべてのトレーニングオプションを見る»

製品

Wolframはすべての産業分野向けのツールとサービスをご用意しています.
製品をブラウズ»

ご質問

Wolframのエキスパートがすべてのご質問にお答えします.

こちらからご連絡ください»



Select Language: eneszh