科学のための産業ソリューション

地球科学

Mathematica ソリューションのみが提供できる最先端の画像処理,組込み測地学データ,計算力のすべてを組み込んだ完全にインタラクティブなモデルで,自分で作成した地球科学アプリケーションのシミュレーションを行うことができます.自動の記号的前処理,アルゴリズム選択,精度制御を使った世界で最も高度な微分方程式解法である確率モデルの解析も含まれています.
組込みの測地学データを使って,特化された地図作成投影を可視化する
横メルカトール図法およびランベルト方位図法による世界の経線と緯線
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • 計算量やデータ量の多い問題をマルチコアのコンピュータ上で解くための,簡単に使える並列計算の制御と機能 »
    競合他社製品: すべての主要ソフトウェアシステムにおいて,プロセスを並列化するためには大々的なプログラミングが必要
  • レーダー,人工衛星等からの大量のデータを解析するための,組込みで強力な統計解析と最適化のルーチン
    競合他社製品: Matlabでは追加のツールボックスを購入することが必要
  • 専門的な地球科学の機能と,Mathematica のコアシステム,およびGIS,統計学,画像処理等の20を超える組込みの応用分野との密接な統合
    競合他社製品: ArcGIS,Stata,SPSS,IDL,およびその他の専門的なソフトウェアパッケージでは, Mathematica の組込みの機能を得ることが必要.Matlabでは複数のツールボックスの購入が必要
  • 次へ:
    使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • 基準点と座標系に基づく地球規模,および国ごとの制御ネットワークを設計し,地殻運動,潮汐の動き,極運動等の地球力学的現象を研究する
  • 組込みの気象データを使用して地球規模の気候パターンを理解する
  • 衛星画像をよりよいものにしたり,解析したりして,地質学的な関心特性を研究する
  • 地震活動があまりない地域における地震の危険性を数値で表す
  • 方程式系を導いてプロットし,地下水流における断層の影響をシミュレーションにする
  • 一様で危険な地震地動の統計的な一般化およびシミュレーション
  • 確率的な傾斜地安定性の解析のための,空間分布されたGISスタイルの方法を開発する
  • ドレープ状の褶曲の圧縮性弾性を持つ層およびその他の地質工学的応用において,圧力と移動を導いて評価する
  • 断層近くの摩擦熱拡散における鉱物学の影響,およびその他の構造地質学の応用をモデル化する
  • 次へ:
    主な機能

無料インフォメーションキット

Mathematica を使った標高マップと標高データの解析と可視化

ユーザ体験談
「地下水の涵養と湧出は非常に複雑なシステムなので,通常なら結果を得るのに数年かかります.それが Mathematica なら数日間で得られます.」
Yu-Feng Lin
イリノイ州立水質調査所,水文地質学者
「この素晴らしいグラフィックス機能と一緒に数値計算も記号計算も使える,その上今ではプログラムを作成するのに動的機能も使えるんですから,これを使わない手はありませんよ.私の教授としての仕事もずっと楽になりますから.」
Frank Scherbaum
ポツダム大学,地球物理学教授

ビデオ

Wolframテクノロジーが業種を超えて提供できることをご覧ください.
チャンネルをブラウズ»

専門家によるトレーニング

専門家チームから直接Wolframテクノロジーが学べます.
すべてのトレーニングオプションを見る»

製品

Wolframはすべての産業分野向けのツールとサービスをご用意しています.
製品をブラウズ»

ご質問

Wolframのエキスパートがすべてのご質問にお答えします.

こちらからご連絡ください»



Select Language: eneszh