分野別ソリューション

Wolframソリューション

画像処理

数行のコードや方程式への画像のドラッグアンドドロップ,高度な画像処理アルゴリズムの適用,インタラクティブなアプリケーションの解析,可視化,生成を行います.これらの作業すべてが単一のシステムの中で統合されたワークフローで行われます.

Wolframの画像処理ソリューションは,GPU計算,並列計算,アウトオブコアテクノロジーによって得られるスピードおよび性能に,最先端の2Dおよび3Dの画像処理関数,データの容易なインポート,インタラクティブなインターフェース等の特殊な機能をシームレスに統合します.

3D立体画像をインポート,可視化,処理する
Wolframの強み
Wolframを使う理由
主な機能

Wolframテクノロジーには,多数の分野についての何千もの組込み関数精選されたデータが含まれています.

  • 指紋,虹彩パターン,顔や耳の画像,網膜走査等のバイオメトリック入力を処理したり解析したりする
  • 3Dデータをスライスし,立体の内部を調べる
  • 画像をアーティファクトのない信頼できるデータに変換し,GISやジオデータベースで利用する
  • 環境アプリケーションのために衛星画像を処理して水塊の大きさ,植生やその他の土地被覆の存在と場所等を見極める
  • 農地利用のために航空写真の画質を高めたり修復したりする
  • 医用画像を処理したり解析したりする
  • 材料や構造物の疲労亀裂の発生を認識する
  • 環境研究用のリモートセンシングのデータを解析する
  • 人工衛星データのデジタル画像処理により土地被覆の地図を作成する
  • コンピュータビジョンのアプリケーション用の情景再構成,事象検知,トラッキング,物体認識,学習,インデキシング,動き推定
  • その他...
    • 金属組織解析,半導体の検査,検証,測定の処理,およびその他の工業用画像タスク
    • ロボットビジョンアプリケーション用の空間および周波数の領域のフィルタリング,強度変換,パターン認識等

グラフベースの分割アルゴリズムを使って,顕微鏡画像を分割する

エッジを維持したまま画像からノイズを除去する

次へ:Wolframを使う理由
Wolframの強み
Wolframを使う理由
主な機能

現在お使いのツールには以下のような利点がありますか.

  • 完全な画像処理ワークフローのための組込みの機能性
    Matlabでは画像処理を行うために別料金のツールボックスが複数必要
  • 容易に画像を操作・解析することができるインタラクティブなインターフェースの自動構築
    Mathematica 特有の機能
  • 便利なドラッグアンドドロップで画像を直接入力ラインに入れ,画像処理アルゴリズムを適用する
    Mathematica 特有の機能
  • もとの画像の解像度に依存しないアプリケーションのインターフェース.64ビットまでならコードを変えなくても解像度を簡単に変更できる
    Matlabでは画像の解像度を変更するためにコードを修正することが必要
  • インタラクティブで視覚的なワークフローのための統合環境
    C,C++,およびその他の言語では,画像を可視化したり処理したりするために,グラフィックスのウィンドウとテキスト入力の間を行ったり来たりすることが必要
  • 画像処理の枠組みが Mathematica のコアとなるシステム,および地理情報システム(GIS)や統計等の20を超える組込みの応用分野にしっかり統合されている

ハフ変換を使って,画像の中の直線を検出する

画像の欠陥を修復する

次へ:主な機能
Wolframの強み
Wolframを使う理由
主な機能

Wolfram画像処理ソリューションを詳しく見る

ホワイトペーパー,事例研究,ビデオ,インタラクティブなデモンストレーション,ドキュメント等...

ご質問

Wolframエキスパートがお答えいたします.お問い合せください »



Select Language: eneszh