工学のための産業ソリューション

石油工学

地震探査と検層のデータを調査し,貯留層モデルを評価してから,それをすべて三次元で可視化することができます.
Mathematica の石油工学ソリューションは,モデル作成とシミュレーションのために,組込みのフィルタリングと周波数解析の関数,インタラクティブなグラフ作成機能,強力な計算機能を統合することによって,効率性を改善し,よりよい製造結果を出します.
地震探査データを解析し,それにフィルタをかける
音響検層と相関する抽出された地震トレース.振幅包絡線と最大地点のポインタを示す
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • Mathematica を現在お使いのツールと比べてください.Mathematica には以下のような利点があります.

  • 自由形式の言語入力によって,シンタックスを使わずに結果を即座に出すことが可能 »
    競合他社製品: Mathematica 特有の機能
  • インタラクティブなツールを自分のワークフローの中に構築して,地震探査と検層のデータの解析のために新手法のプロトタイプを効率よく作成する
    競合他社製品: Matlab,Excel,およびHampson-Russellのパッケージソフトにはこの機能は含まれていない
  • 変わった特徴を持つ検層データを非標準の方法で解析する
    競合他社製品: 他のツールでは限られた種類の解析しか行えない
  • 標準のアルゴリズムの代りに独自のアルゴリズムを使うことができ,それによってよりよい貯留層モデルを開発することが可能である
    競合他社製品: Hampson-Russellのブラックボックスツールでは標準モデルしか使えない
  • データをプログラム的に解析する必要に合わせて,関数型とルールベースのプログラミングパラダイムから選ぶ
    競合他社製品: 他社の計算環境では主に手続き型言語を使う
  • 次へ:
    使用方法
主な機能
Mathematica を使う理由
使用方法
  • 地震処理データを解析して地下の貯留層をマップし,地理情報システム(GIS)データと統合させてから,それを3Dで可視化する
  • 統計と危険分析を使って貯留層にある石油やガスの量と回収率を推定する
  • 速度異方性,例外,複雑な割れ目の構造を処理する
  • 貯留層の流入,リークオフ,水噴射を研究する
  • 検層からウェーブレットを抽出し,イベントを地震探査データに関連付ける
  • 合成地震探査データを生成し,検層データとの相関の品質を確かめる
  • 貯留層と多孔質媒体内の流れについてのモデル作成とシミュレーションを行う
  • 次へ:
    主な機能

無料インフォメーションキット

Mathematica で研究開発のワークフローを改善

ビデオ

Wolframテクノロジーが業種を超えて提供できることをご覧ください.
チャンネルをブラウズ»

専門家によるトレーニング

専門家チームから直接Wolframテクノロジーが学べます.
すべてのトレーニングオプションを見る»

製品

Wolframはすべての産業分野向けのツールとサービスをご用意しています.
製品をブラウズ»

ご質問

Wolframのエキスパートがすべてのご質問にお答えします.

こちらからご連絡ください»



Select Language: eneszh