SystemModeler の用途と使用例

跳ねるボール:事象と不連続性の取扱い

SystemModeler のパワフルな事象処理機能を利用して,地面や箱の中で跳ねるボールをモデル化してシミュレーションします.ボールが地面で跳ね返るモデルと,二次元の箱に閉じ込められた複数のボールのモデルの2つを使います.

この例題を実行するためには,

SystemModeler 3Mathematica 8または9

が必要です.

どちらかお選びください.

さまざまな設定を分析

Mathematica の一つのコマンドで,パラメータと初期値を変えて跳ねるボールを数回シミュレーションします.

可視化をカスタマイズ

制約された二次元の箱の中の跳ねるボールをカスタムアニメーションとプロットで可視化します.

         
 
はじめの高さ,重力,反発係数の値を変えたときの
跳ね返り
各ボールの軌道
 
   
   
         
パワフルな事象処理

Modelicaの事象検出機能によって,ボールが壁にぶつかったときのモデルの動作の変化が可能になります.

動的コンテンツのエキスポート

シミュレーションの結果をインタラクティブなCDFドキュメントとして配信します.

CDFを使ってみる



Select Language: eneszh