SystemModeler を選ぶ理由

Wolfram SystemModeler は物理モデリングおよびシミュレーションのための完璧なツールです.他のシステムとは異なり,SystemModeler はアドオンを必要とせず,標準のModelicaモデル言語を完全にサポートします.SystemModelerMathematica と完全に接続するように設計されているため,統合された究極のモデリング,シミュレーション,解析のワークフローが実現できます.

製品の比較

サポートされますサポートされます一部サポートされます一部サポートされます追加購入が必要です追加購入が必要です
  SystemModeler MapleSim* Simulink*
追加の必要条件 Mathematica
オプショナル
*Mapleが必要 *Matlabが必要

モデリング

現実の世界のトポロジーに従った階層的モデリング サポートされます サポートされます サポートされます
マルチドメインモデリング サポートされます サポートされます サポートされます
ドラッグアンドドロップによるモデル設計 サポートされます サポートされます サポートされます
Modelicaモデルの利用 サポートされます 一部サポートされます  
Modelicaコードとドラッグアンドドロップ設計の統合 サポートされます    
外部C関数を含む サポートされます   一部サポートされます

組込みのモデルライブラリ

SystemModeler MapleSim Simulink
生化学経路 サポートされます    
電気(アナログおよび多相) サポートされます サポートされます 一部サポートされます
磁気 サポートされます サポートされます サポートされます
機械(並進系,回転系,三次元多体系) サポートされます サポートされます 一部サポートされます
信号ブロック(連続,離散,論理) サポートされます サポートされます サポートされます
状態グラフ サポートされます   サポートされます
熱(熱伝導,流体) サポートされます サポートされます 一部サポートされます

シミュレーション

SystemModeler MapleSim Simulink
連続・離散のハイブリッドソルバ サポートされます 一部サポートされます サポートされます
リアルタイムソルバ サポートされます   サポートされます
感度解析ソルバ サポートされます    
定常状態への初期化 サポートされます   サポートされます

可視化

SystemModeler MapleSim Simulink
すべてのシステム変数のワンクリックプロット サポートされます    
3Dによる機械の自動可視化 サポートされます サポートされます  
カスタム可視化環境 Mathematica Maple Matlab
2Dおよび3Dのグラフィックス言語 サポートされます 一部サポートされます サポートされます
高度な3Dグラフィックス(照明,透明度等) サポートされます 一部サポートされます サポートされます
2Dおよび3Dのアニメーション サポートされます 一部サポートされます 一部サポートされます
標準形式(.aviおよび.mov) サポートされます   一部サポートされます
即時のインタラクティブ機能 サポートされます    

解析と設計

SystemModeler MapleSim Simulink
解析プラットフォーム Mathematica Maple Matlab
プログラム可能なシミュレーション制御 サポートされます サポートされます サポートされます
並列化されたパラメータスイープ サポートされます   一部サポートされます
モデルの方程式の解析 サポートされます サポートされます  
モデルの均衡の検出 サポートされます サポートされます サポートされます
制御系の設計 サポートされます サポートされます サポートされます
モデルのキャリブレーション サポートされます サポートされます サポートされます
システム最適化 サポートされます サポートされます サポートされます

接続性

SystemModeler MapleSim Simulink
再利用可能なスタンドアロンのシミュレーション実行ファイル サポートされます   サポートされます
インタラクティブなHTMLモデル サポートされます   サポートされます

ワークフローの簡素化

SystemModeler はModelica言語を実装しすることによって,コンポーネントベースのモデリングの長所を利用し,コンポーネントの流れをモデル化します.このため,コンポーネントベースのモデリングは,ブロックベースのモデリングよりもはるかに優れています.以下の電気回路の構築例は,コンポーネントベースのモデリングにより簡素化されるワークフローを表しています.

コンポーネントベースのモデリングとブロックベースのモデリング

Modelicaの利点

Modelicaは物理システムのモデル化のために特に設計されたオープン標準の言語です.この言語を使うことで,個人やグループが大規模プロジェクトの共同作業を効率的に行い,再利用可能なカスタムコンポーネントやライブラリを構築することが可能になります.

Wolfram MathCoreはModelica Associationの創立メンバーであり,1997年以来Modelica言語設計において重要な役割を果たしてきました.SystemModeler はこの努力の結果であり,自動車,重工業,生命科学,海洋関係のユーザとの10年以上に及ぶ密接な協力関係の結果でもあります.そのため SystemModeler は最も使いやすいModelicaツールとなっているのです.

Modelicaライブラリ

シミュレーションの枠を超える用途

高忠実度モデルは,数値シミュレーションだけでなく,最適化や制御設計からカスタム可視化やインタラクティブ機能までのすべてを含む多くのものにとって便利です.SystemModelerMathematica を一緒に使うと,シミュレーションを完全にプログラムで制御でき,あらゆる種類の設計と解析が可能になります.

解析と最適化
モデル開発
レポート生成
シミュレーション環境
可視化
信号処理
制御系    
インポートとエキスポート
プレゼンテーション環境


Select Language: endeeszhru