テクノロジーガイド--この技術が違いを生み出す
自動化された計算美学

Mathematica は,受賞のグラフィックデザインと組み合わせて高度なアルゴリズムを使用することによって,重要なWolfram Researchのイニシアチブに成功をもたらしました. このアルゴリズムは,認識的に,また美学的に訴えるものを即時に作成する過程を自動化し,作業過程中でもごく普通に完成品と同じ質のプレゼンテーションを作成することをはじめて可能にしました.

  • 出版に耐えうる質の視覚資料を即時に自動作成
  • 高レベルで詳細にわたる美学的な基準制御のためのオプション
  • アルゴリズムの美学的方法を使ったグラフィックスの詳細化の完全自動化
  • 特徴のセグメンテーションとハイライトのための複数の自動方法
  • 2Dと3Dのグラフィックスのメッシュ,照明,ラベリングの自動美学
  • 複数の曲線,範囲,データ集合について自動的に色,透過性,マーカーを付加
  • 自動的に関心領域を強固に決定,およびホワイトスペースを最小化
  • 大きなデータ集合や複雑なグラフィックス用に完全に大きさを変えることができる自動化された美学
  • グラフィックスのサイズや割合を状況に合わせて自動的に変更
  • 広範囲に渡る組込みの美術的で科学的なカラースキーム
  • すべての出力について高解像度印刷を完全にサポート
曲線の色を自動的に選択 3D充填のために透過性を使用 すべての角度において最適化された光源
>曲線の色を自動的に選択 3D充填のために透過性を使用 すべての角度において最適化された光源
関心領域の自動選択 格子内でホワイトスペースを自動的に最小化 状況に合せてグラフィックスの大きさを変更
関心領域の自動選択 格子内でホワイトスペースを自動的に最小化 状況に合せてグラフィックスの大きさを変更
視覚的に異なる自動プロットマーカー 等高線の自動ラベリング 漸近線レンダリング
視覚的に異なる自動プロットマーカー 等高線の自動ラベリング 漸近線レンダリング
組込みの美学的なカラースキーム 自動ネットワークレイアウト 効率的なレリーフのプロット
組込みの美学的なカラースキーム 自動ネットワークレイアウト 効率的なレリーフのプロット
日付と時間を含むデータを便利にプロット 行列の特徴を自動的に選択 最上質の可視化を簡単に作成
日付と時間を含むデータを便利にプロット 行列の特徴を自動的に選択 最上質の可視化を簡単に作成


Select Language: en